読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A.B.C-ZのFly a FlagをOP曲にしたアニメを考えてみた。

えびさんのFly a Flagがドストライクだったので語らせてほしい。

ここ数日これしか聞いてないです、ゾッコン。

 

最新アルバムのABC STAR LINEの通常盤のみに収録されてます。

ぎらっぎらのアニソンめいたカッコいい曲です。

えびさんの曲はどれもカッコいいですけどね!!(大声

特殊能力をもった5人が都会の闇夜を飛び回りながら戦う姿が目に浮かぶよ……ハァ…

 

ということで、Fly a Flagをオープニング曲としたアニメを作るとしたら、というテーマでストーリーを考えてみます。

歌詞カード片手にどうぞ。

 

 

 

 

 

物語の舞台は一切のエンターテイメントを禁止され、静まり返った日本。

国民からは笑顔が無くなった。

 

もちろんアイドルという職業も廃止。

A.B.C-Zの5人もステージを奪われ、職業を変えて暮らしていた。

良亮は世界が変わったショックから、いつしか自分がアイドルであった記憶すら封印していた。

郁人も祥太も晃一も僚一も、傷つき、バラバラになってしまっていた。

 

そんな時代が続くある日、5人はそれぞれに過去の自分自身の夢を見る。

ぼんやりと現れた過去の自分に問いかけられた。

 

「それでいい?」

 

「いや、こんなじゃない。」

目覚めた5人には選ばれし力が宿っていた。

 

郁人には音。

祥太には風。

晃一には水。

僚一には光。

そして良亮には炎を操る力だ。

 

しかし良亮だけは、過去の自分自身の正体がわからず苦悩する。

遠ざけて来た過去を確かめるため、恐る恐る日記を遡り始めた。

 

「神様、夜が明ける日は僕に来るのか」

 

その瞬間、ステージに立つ自分がフラッシュバックした。

 

「幕が開き 浮かぶシルエット 照らされた君は…僕だろ?」

 

全てを思い出した良亮はA.B.C-Zのメンバーと再会し、再び世界にエンターテイメントの輝きを取り戻すことを誓う。

 

ステージが無くても、制止されようとも、

5人の力があれば、人々に笑顔を届けるコンサートができる。

 

あのとき望んだ未来を今、形にしよう。

 

それぞれが手にした力を一つにして、世界を変えるためにA.B.C-Zが立ち上がる――

 

 

 

 

 

 

お気づきかと思うが私は5人のバトルアクションアニメが見たい。

身体能力は既にお持ちになってるし申し分ない。こういうショートムービーでも構わない。

 

自己満足で失礼しました。

 

とにかくまだFly a Flagを聴いてない人は、

同じくえびさんの曲であるFinally Overと合わせてお聞きください。

アニソンぽい疾走感が最高にカッコいいです。

えびさんの曲は、どれもカッコいいです。(二回目