読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問いかけと答え(嵐ライブツアーAre You Happy?感想)

嵐さん、スタッフの皆さん、ライブツアーお疲れ様でした!

 

厳しいスケジュールの中での開催だったのは、冒頭の映像からひしひしと伝わりました笑

 

今年も東京ドームで同じ時間を過ごせたことに感謝して、感想を少し書こうと思います。あくまで個人的に思ったことです。

 

 

一、何もないステージの意味

 

正直、入場して最初に驚いたのはステージ。「えっ?これだけ?」という悪い意味での衝撃でした。よく言えばシンプル、悪く言えば枠だけじゃん…と。

 

最近のツアーはコンセプトが強く、作り込まれたステージも魅力だったので、今回はどんな使い方をするのか…始まるまで全くわかりませんでした。

 

終わってから考えると、あの真っさらなステージで世界観を目まぐるしく変えられるところが今回のツアーの魅力かなぁと。5人のソロ曲やプロデュース曲が存分に生きるために必要な土台は、最小限でよかったのだと感じてます。

 

 

二、それぞれの人間性を魅せるソロ曲

 

自己紹介曲なんじゃないかと思わせるほど、それぞれのキャラクターが出た今回のソロ。

 

「嵐ってこういう人たちだよなぁ」という一般的なイメージ、というと浅く聞こえますが。

 

爽やかで明るい朝日を感じさせる翔くん。周囲の人たちとの温かい繋がりを背に前を向く潤くん。ストーリー性の強い曲を作らせたら天下一品のニノちゃん。次の瞬間には何が起きるかわからないサプライズいっぱいの相葉ちゃん。そして、まさにギャップの帝王である智くん。

 

私がずっと応援してきたのはこういう人たちだったな!と、(もちろん智くんのソロの演出には驚きましたが笑)どこか納得してしまう仕上がりでした。

 

 

三、DRIVEの圧倒的存在感

 

DRIVEが!良かった!!!!(大声

 

約50000のペンライトが映し出す夜景の中を走る、5人がぎゅうぎゅうに詰まったオープンカー……。全てのオタクが待ってた展開……。

 

翔くんの手持ちカメラに映るメンバーの表情も楽しくて、景色に見とれてばかりも居られない充実具合。これこそがアイドルのコンサートと最先端の映像演出技術の融合…!と拍手したくなりました。バクステで歌詞に合わせて上がる花火も相まって、舞台「DRIVE」の完成。世界観の強い曲ですか?大好きです!!

 

青春ブギの大暴走も好きでしたが、かっちり一曲で完成させてきたDRIVEには頭が上がりません。スタンド席からあの一面の夜景と流れ星を堪能できたことに感謝。

 

 

四、「幸せですか?」の問いかけと答え

 

定番曲も多かった今回のセットリストから、「鑑賞する」コンサートではなくて、久々に「参加する」コンサートなんだと気付きました。

 

東京ドームでの 愛を叫べ の大合唱には心が震えました。たくさんの人の声が、私にも聞こえました。こんなにもたくさんの人が5人のために集まって、同じ歌を知っていて、同じ歌を踊れるんだと。その中に今自分がいるんだと。それを感じられたことが幸せで、それが5人に届いていることが幸せなんだと。

 

声を出して、一緒に踊って、5人の笑顔を引き出すことが、ファンから5人への答えであり問いかけとだったんだろうと思っています。他の会場で参加した友人の話や自分の体験、翔くんの挨拶を総合すると、ハッピーを貰えてハッピーを返せる素敵なコンサートでした。本当にありがとうございました。

 

これからは全力で嵐さんに問いかけていこう!

Are you happy??

Yes,I'm happy!!!